認知症予防に効果的な栄養成分を摂取することが大切

シニア

生活習慣の影響も

家族

物忘れと認知症は度々同一視されることがありますが、認知症は約束の内容ではなく約束したことそれ自体を忘れてしまうことがあります。そのため、自覚するのが難しいので指摘されたら医師に相談することが大切です。認知症の中でももっとも割合が高いのはアルツハイマー型であり、生活習慣も発症に影響するとされています。

View Detail

サプリメントで脳活性化

微笑む男の人

認知症の症状改善・予防には、脳を活性化させる栄養素を配合したサプリメントを摂ることが近道ですが、認知症は人によって症状や状況が異なるため、その人に合ったものを選ぶことが大切です。注目されているのは米に含まれているフェルラ酸を配合したサプリメントで、抗酸化作用が強く、脳に届きやすい性質を持っています。

View Detail

認知機能の低下を防ぐ

笑顔の女の人

歳をとるにつれて物忘れが多くなったり、同じ話を繰り返してしまったり、ぼんやりしてしまったりといった認知機能の低下がみられるようになります。この症状が深刻化して、脳の働きにさまざまな障害が生じて、生活に支障をきたすようになるのが認知症です。65歳以上の4人に一人が認知症とその予備軍であるといわれていて、中高年を中心に認知症予防の意識が高まっています。そのような時代背景とともに人気を集めているのが、認知症を予防するためのサプリメントです。どのサプリメントも普段の食事では摂りきれない認知症予防の有効成分を凝縮して配合していることが大きな特徴です。認知症予防の有効成分としては、いちょう葉、DHA、EPA、ARAなどがあげられます。

認知症予防のサプリメントを飲みながら、同時に日常生活の中でも認知機能を高める工夫を実践すると、予防効果が高まります。食生活では、肉やバターなどの動物性脂肪、塩分、お酒などを控えて栄養バランスのよい食事を摂ることが大切です。生活習慣病が引き金となって認知症を引き起こしてしまうこともあるため、高血圧や肥満に十分注意しましょう。また、普段の生活に適度な運動を積極的に取り入れるようにして、足腰の筋肉を鍛えることが重要です。高齢になってからあやまって転倒したり頭をうったりすると認知症の発症につながるリスクが高まります。さらに、普段から他人との交流や趣味を大切にして、明るい気分で過ごすようにしましょう。なにごとにも興味を持って毎日を笑顔で過ごすことが認知症予防にとって有効なのです。

記憶力低下への対応方法

シニア夫婦

重度の認知症は現代医学でも回復させる事が出来ません。しかし病気の進行の遅延や予防に努める事は可能になっています。認知症の対策として愛用されている商材は、効果のある成分を豊富に含んでいるサプリメントです。含まれている成分が商材によって違いがあるのは、協力している研究機関が異なるからです。

View Detail

Copyright© 2016 認知症予防に効果的な栄養成分を摂取することが大切All Rights Reserved.